米国妻の在宅ライターライフ

アメリカで在宅ライター始めました。SOHOで稼ぐって?

29歳、いつのまにかコウノトリが来たかもしれない話

こんにちは。なっちょみーです。

 

体調不良です。ほんとに。

 

熱っぽくてだるい。眠い。ひたすら眠い。でも、食欲は凄い。食べても食べてもお腹が減る。その後、お腹が張る。集中力もなくて仕事も勉強も全然できない。

 

でも、こんなに熱くてだるいのに風邪じゃないという不思議な現象。

 

そして、レディースデーが来ません。予定日をすでに一週間オーバー。生理不順になったことは一度もないので、もしかして、もしかするとかもしれません。

 

 

夫婦が子どもを欲しいと思うタイミングと出来るタイミングは違う

旦那さんとは今年の6月に結婚しました。29歳私と28歳旦那。もう30目前なので私は早く子供が欲しいなぁと思っていました。

 

でも、2年も遠距離をしていたので旦那は「二人っきりの時間をもっと楽しみたい!!」と言ってかたくなに避妊。

 

私の周りは出来る子はさっさと結婚して子どもが出来てましたが、子どもが出来ない友人が不妊治療で苦しんでいるのも見ていました。

 

「友達の子供が生まれても素直に喜べない。赤ちゃんをみると心が苦しくなる」

 

と不妊治療中の友人が切々と語っているのを聞いて、結婚したらすぐにでも妊活しないといけない年齢なんだなということを自覚していました。

 

不妊治療のために毎週遠方の専門医に新幹線で通う友人を見て心が痛くなったのと、彼女は結婚は早かったもののずっと仕事を優先して子ども後回しにして後悔していました。まだ、タイミング療法で頑張っているみたいですが、今後は人工授精検討しているみたい。

 

子どもが出来てもその後は育児に費用を回していかなければいけません。不妊治療の代償は大きいなと感じてしまします。

 

もちろん38歳や40歳でも自然妊娠で出産している友人や知人もいたのでそういうこともあるとはわかっているものの、年齢とともに出産だけじゃなく育児自体が難しくなることも考えてしまいます。

 

40代で新生児の子育てしている友人が辛そうでした。彼女の子どもが成人する頃には彼女は60歳オーバーです。しかも、38歳で産んだ後、40歳でも子どもが生まれているのでゆっくり老後を迎えられるのは65歳以降になるかもしれません。

 

20代前半にデキ婚して離婚してシングルマザー子育てに奔走する子もいれば、子どもが出来なくて悩む夫婦もいる。高齢出産したものの、育児に体がついていかない夫婦もいます。

 

子どもなんてタイミング良く産むのは難しいんだから、早く産んじゃいたい!というのが私の考えでした。でも、旦那の考えも尊重したいので来年まで我慢するというのは夫婦で合意していました。

 

旦那の様子がおかしくなる

しかし、先々月末から旦那の様子がおかしくなってきました。

 

酔っぱらいすぎると時々おかしくなる旦那さんですが、「もう子供つくっちゃうかー!」と言い始めたのです。これまたいきなりだね。

 

どうやら同僚の女の子(アメリカ人・23歳)に「日本人とアメリカ人のハーフはかわいいから見たい」と言われたようです。日本人に言われるならまだしも、アメリカ人に言われるのは想定外!

 

私の「年齢がね~」っていうのをずっと言っていたのも気にしていてくれたみたいです。もうすぐ三十路ですからね!

 

彼女の一言でスイッチが入った旦那は、いきなりの妊活宣言。

 

残念ながら、先月は1回目のチャレンジ失敗でした。私は正直これでやっぱり来年にしようと言うんじゃないかと思っていたんですが、その後も妊活は継続。

 

そして、今月に入り私の体調不良が続くという事態になりました。もう眠くて。四六時中寝てる。

 

あれ?これってもしかして??

 

と思って、生理予定日を過ぎた先日18日(なんと旦那の誕生日)に検査薬でチェックしました。

 

くっきりポジティブ。陽性です。

 

旦那は誕生日プレゼントは要らないと突っぱねていましたが、最高の誕生日プレゼントになったようです。エキサイティング!!と言って喜んでました。

 

「妊活って頑張らなきゃいけないもんだ!」と世の中の情報に飲まれてましたがあっさりと私のところにコウノトリがやってきてくれました。ちょっとびっくりだけど。

 

神様ありがとう。

 

逆になんにも予備知識がないまま妊娠したので、妊娠初期って何したらいいの?とかどこで産めばいいんだ?とか。生まれる時期にまた海外引っ越しがありそうじゃない?とかいろんな問題を抱えてます。

 

まだ病院で検査していないのも不安。アメリカの病院ってどうなんだろう。

 

とりあえず安定期に入る3か月頃まで仕事は休止でもいいかなと思っています。正直眠いので、全然作業が進まないのです。

 

そろそろつわり症状がでていて怖い。

 

すくすくとわが子が育つのを楽しみにまったり生活したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカに来て4カ月、9.11から15周年で思うこと

どうも、ナッチョミーです。

 

アメリカも911を迎えました。今年で15周年だそうです。私もミリタリーの妻なので無関係とは言えず。

 

今日が何事もなく過ぎることを祈っています。

本記事はこちらから↓

 

dont-beshy.net

記事を書くのにやる気がなくなったら、やってみること3つ

どうも、なっちょみーです。

 

大学が始まって、主婦生活もしつつ、在宅ライターも継続中です。

 

大学に時間を取られるので、これまでの継続のお仕事はキープしつつ、増やさないようにしています。

 

日本と違って、アメリカの学校ってホームワークが多いんですよね。日本の大学で何勉強したかもう忘れましたが、宿題なんてゼミの研究くらいしかなかったと思います。

 

なんて楽が学生時代だったんだろう。もう10年近く前のことだけど。

 

最近記事が書けなくて、結構停滞中です。そんなときに試してみる、やる気になる方法3つ考えてみました。

 

とりあえずパソコンに向かう

パソコンに向かう習慣が無くなると書かなくなるので、とにかくパソコンに向かう時間を作ること。

 

学校に行きはじめてから、パソコンに向かう時間が減りました。旦那が夜勤になって日中、家にいるようになってますます減りました。困るー。

 

パソコンが開けると仕事もできます。とりあえずパソコンに向かう。やる気がなくてもね。

 

ネットサーフィンをする

ネット検索してると、ネタ探しになるので気晴らしにネットサーフィンでもしましょう。私は、頑張って英語の記事を検索するようにしています。勉強にもなるし、ネタにもなる。

 

ネタです。ネタ。ライティング作業の5割はネタ!ネタは新鮮じゃないと美味しくないんですよ。これは、記事も一緒ね。

 

美味しいネタを探しましょう。なんだか、お寿司みたいね。

 

他のライターさんの記事を読む

他のライターさんの記事を読んでいると勉強になることがたくさんあります。

 

へーこんなことあるんだとか、こういう考え方もあるのかと。

 

生かすも殺すも自分次第ですが、知識が増えるのはいいことだし、他のライターさんの記事を読むことで自分のモチベーションも間違いなくキープできるのです。

 

でも、有名ライターさんって奇抜なことをガンガン言うのでドキドキします。

 

 

今日は、とあるメディアさんのライター講習会でした。東京に住んでいたらこういう機会もたくさんあっただろうにと思いながらスカイプで参加しました。

 

同じメディアのライターが顔合わせするってなかなかないので、緊張。アメリカから参戦できるなんて便利な世の中になりましたよね。これも、モチベーション維持につながりました~。今月も頑張りましょう!!

 

 

 

アメリカで暮らすなら、危険地域を知らないと危ない!

アメリカ、危ない地域が多すぎ。犯罪に巻き込まれないようにするために。

 

アメリカ旅行をする人もしかりです。

 

観光地でもすぐ近くは危ない地域なんてことよくあります。

 

 

アメリカに来るなら知っていて欲しい、危機管理のこと!

 

本記事はこちらから↓

 

dont-beshy.net

学校と仕事と宿題と主婦のバランスが難しい

先週から学校がはじまりましたが、早速購入したばかりの自転車を壊されました。

 

パンクした自転車を夫に直してもらって、来週からはまた自転車で通えそうです。暑いから自転車ないと通学がしんどいです。

 

 

大学の宿題、結構多いです。学生時代って宿題を真面目にやった記憶が全然ないんですが、宿題をしないと授業についていけないので必死に頑張っています。

 

これにより、作業時間が取れない!!

 

お仕事面では不利なことが多い反面、勉強を始めてから英語の理解が深まってきた気がします。

 

中学のおさらい的な内容なんだけど、新しい発見がたくさんあって面白い。完全に間違えて覚えていたこととか結構あって、思い込みで学んで間違っているって恐ろしいなと感じています。

 

正しい英語と、会話で失礼にならない方法を覚えて新しい友達もたくさん作りたいですね。

 

アジア系のお友達はたくさんできましたよ。今度ファミリーでピクニックする予定です。

 

夫には悪いけど、日本に戻らないでもうちょっとアメリカ生活楽しみたいな。最近店員とも会話できるようになってきたし。

 

仕事は平行線をたどりつつ、タスク仕事でぼちぼち増やせるようにしたいと思います。

 

今日もインタビューの仕事があって、日本語で話せるので楽しみです!

 

 

 

地元岩手が台風で大変なことに。

地元、岩手が台風10号で大変なことになっています。めったに台風がくる土地じゃないので、甚大な被害がでてしまいました。

 

アメリカからじゃなんにもできないけど。ほんとに遠い。

 

津波で流された地域。何度も取材に行きました。今年の3月まで約4年間、足しげく通った場所。作っていた復興応援のフリーマガジンが終わるのと同時に渡米してしまったけど。

 

知ってる人もいっぱいいる。

 

津波のせいで地盤沈下した地域も多いので、雨で浸水することはこの5年でもよくありました。

 

川が氾濫すると、津波のようになってしまいますね。

 

5年経ってようやく立ち直ってきた街がまたまたがれきに埋もれていて、なんだか心苦しいです。

 

岩泉の龍泉洞、思い出もいっぱいある場所だけど、もう綺麗な洞窟は楽しめないのかな。

 

水が溢れて、復旧のメドも全く立っていないようです。

 

なんで、岩手ばっかり自然災害が多いのだろう。広いからというのもあるけど、津波で苦しんだ人たちがまた同じような状況になるというのは、なんとも言えない。

 

Facebookで街の災害状況の情報だたくさん入ってきているので、一部シェアします。岩泉町の様子です。

 

 

 

 

ライターで稼いだお金で、ちょっとばかり募金しようと思います。

 

犠牲になったかたのご冥福をお祈りします。

 

岩泉町で働いている友人たち、頑張れ!

 

 

 

 

カリフォルニアの夏。暑すぎるし、長い。

アメリカはまだまだ夏です。日本は夏休み終わりかな?

 

カリフォルニア、暑すぎる。

先日大学で自転車を壊されて以来、歩きで学校に通っています。

 

気温40度以上の炎天下。日本の夏はじめじめして嫌だけど、カリフォルニアの砂漠の夏は乾燥しすぎて痛いんです。

 

なんていうか、日差しが刺すように痛い。目にも悪い。

 

ロサンゼルスとか海側のエリアならほどよく潤っていていいんだけど。

 

砂漠は、暑い。というか、熱い。

 

鉄板で焼かれているステーキの気持ちが今ならわかります。

熱いよね。痛いよね。

 

今日は、学校もないのでお家で一日お仕事です。

お家の中が涼しくて静かでいので、どこにも行く気になりません。

 

在宅ワーカーさんは良く外で仕事する方もいますけど、はかどりますか?

 

私は引きこもり大好きなので、静かなお家で犬の寝息をききながら、ガツガツやるのが好きです。

 

クライアントさんとの時差に悩みます。締め切りはいつ?って感じ。まだ、8月31日のアメリカです。